VAMRSS blog

このブログは私の部屋のインテリア、自作雑貨の紹介やメイキング、普段の生活で感じたことなど、自由に綴っていきたいと思っています。

毛糸のトピアリーを作ってみよう!

広告

この記事のキーワード トピアリー/ハンドメイド/メイキング/一時間/インテリア

f:id:shirasusalad:20160304180919j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

今回から一時間ハンドメイドシリーズというのを始めます。一時間前後で作れるものを紹介するシリーズです。 

今回は毛糸で作るトピアリーの作り方をご紹介します。

 

f:id:shirasusalad:20160304180935j:plain

実は結構前に作ったものですが、この記事を書くためにもう一度作り直しました。

毛糸のトピアリーとはハンドメイド作品としてはよくありますが、それをモダンな感じにアレンジしてみました。ちなみに「WT」とは「Wool Topiary(毛糸のトピアリー)」の略です。

f:id:shirasusalad:20160304180944j:plain

いろいろとアレンジしやすいと思うので、皆様も是非作ってみてください!

大きさ

球の大きさ:約11cm

高さ:約26cm

それでは作り方です。

材料の紹介

毛糸

f:id:shirasusalad:20160304155606j:plain

f:id:shirasusalad:20160304155610j:plain

毛糸は2種類使います。毛糸の球の内部用と表面用です。量は詳しくはわかりませんが、内部用が1玉、表面用が1/2玉くらいです。表面用の毛糸がたくさんある場合はそれだけでも結構です。

表面用は、少し変わった毛糸のほうが面白くなります。

発泡スチロールの球

f:id:shirasusalad:20160304155918j:plain

今回は、直径50mmの発泡スチロール球を使用します。

金属パイプ

f:id:shirasusalad:20160304155609j:plain

パイプは2種類使用します。片方の中にもう片方が入る径のパイプを使用します。今回は、太い方はアルミ製の直径5mm厚さ0.5mmを使用し、細い方は、真鍮製の直径3mm厚さ0.5mmのパイプを使用します。

カップ

f:id:shirasusalad:20160304155611j:plain

土台(鉢)に使用します。今回はプリンなどを作る際の金属製のカップを使用します。

ハトメの器具

f:id:shirasusalad:20160304155612j:plain

今回はハトメを止めるための器具を使用します。カップとパイプを固定するために使用します。また、使うものは写真左側の「皿」です。右側の打ち棒は今回は必要ありません。ない場合はパイプを垂直に固定できるものならなんでもいいです。

紙粘土

f:id:shirasusalad:20160304155607j:plain

土台を埋めるために紙粘土を使用します。

f:id:shirasusalad:20160304162954j:plain

コピー用紙に印刷して使用します。

旗は下のリンクからダウンロードしてください。 

毛糸の球を作る

パイプを切断する

f:id:shirasusalad:20160304161403j:plain

パイプカッターを使用し、太い方のパイプを長さ60mmで切断します。刃物なので取り扱いには気をつけて下さい。パイプカッターはダイソーでも手に入ります。ない場合は金属用のノコギリをお使いください。また、挟んで切断する工具を使っても良いですが、切断した部品の片方の断面は潰れていない状態が条件です。(ようするに、新品のパイプを切断した場合、切断した断面は潰れてしまっても、新品のパイプなので片方は潰れていない状態のならOKということです。)

パイプを発泡スチロールに取り付ける

f:id:shirasusalad:20160304161550j:plain

パイプを発泡スチロール球に差し込みます。球の真ん中くらいまで差し込みます。

毛糸球の核となる部分です。

毛糸を巻きつける1

f:id:shirasusalad:20160304161700j:plain

内部用の毛糸をどんどん巻きつけます。まん丸になるように巻きつけていきます。少し強めに巻くと形が綺麗になると思います。

f:id:shirasusalad:20160304161735j:plain

パイプが1cmほど飛び出るくらいまで巻いていきます。毛糸の終点は埋め込んでください。

毛糸を巻きつける2

f:id:shirasusalad:20160304161831j:plain

表面用の毛糸を巻きつけていきます。

f:id:shirasusalad:20160304161847j:plain

内部用の毛糸が隠れたら完成です。毛糸の終点は目立たないように埋め込んでください。この状態の直径は11cmくらいです。 

土台を作る

カップに「皿」を取り付ける

f:id:shirasusalad:20160304162315j:plain

カップに「皿」を両面テープで取り付けます。

f:id:shirasusalad:20160304162331j:plain

真ん中になるように貼り付けます。

パイプを切断する

f:id:shirasusalad:20160304162346j:plain

細い方のパイプをパイプカッターを使用して、長さ200mmで切断します。

パイプを土台に取り付ける

f:id:shirasusalad:20160304143628j:plain

少し細い場合は、テープなどを巻いて「皿」に合うようにします。

f:id:shirasusalad:20160304162622j:plain

そのまま差し込み固定します。

土台を粘土で埋める

f:id:shirasusalad:20160304162648j:plain

そのままだと見た目があまり良くないので、紙粘土を使って埋めていきます。

f:id:shirasusalad:20160304162711j:plain

手持ちの紙粘土が古かったので、あまり綺麗に埋められませんでした(笑)

旗を取り付ける

f:id:shirasusalad:20160304162954j:plain

旗を印刷し、切り取ります。

下のリンクからダウンロードしてください。 

裏面にスプレーのりを吹き付けます。

f:id:shirasusalad:20160304162955j:plain

パイプに取り付けます。

 

完成

f:id:shirasusalad:20160304155505j:plain

毛糸の球と土台を取り付けて完成です。お部屋のアクセントにどうぞ。

 

撮影環境

f:id:shirasusalad:20160304181240j:plain

記事内1枚目のブツ撮り環境について

光源:提灯照明1つ(右)、背景上のLEDバーライト

背景:IKEAの遮光ロールスクリーン

 

提灯照明やブツ撮りの環境につきましては、以前の記事をご覧ください。 

今回もご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ当ブログはブログランキングに参加しております。バナーのクリックをお願いします!応援よろしくお願いします!

広告を非表示にする