VAMRSS blog

このブログは私の部屋のインテリア、自作雑貨の紹介やメイキング、普段の生活で感じたことなど、自由に綴っていきたいと思っています。

ゲーム機を壁にかけたい。その1

広告

この記事のキーワード ゲーム機/収納/壁掛け

f:id:shirasusalad:20160213182456j:plain

 いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

今回は、据え置き型のゲーム機を壁に掛ける、「ゲーム機収納壁」を制作していきたいと思います。

 現状

現在のゲームスペースはこのようになっています。

f:id:shirasusalad:20160213180423j:plain

ゲーム機やケーブル類が入り組んでおり、埃がたまりやすく掃除がしづらいです。
その上、多くのスペースをとっています。
そこで、今回は壁面にゲーム機やケーブル類を収納できるようし、掃除のしやすさや、省スペース化を目指します。
また、作る上ではコストに関して目をつむれませんので、低コストも含めて、
・掃除のしやすさ
・省スペース化
・低コスト
以上の三点を目標として制作していきたいと思います。
 
準備
どのようなものを作るか考える前に、今どのようなものがあるのか把握します。
PS3本体
PS3コントローラー
torne本体
PS3用のハードディスクドライブ
Wii U本体
Wii Uコントローラー
Wii U 本体ACアダプター
Wii U コントローラーACアダプター
・電源タップ
以上が今持っているゲーム機やそれにくっついているものたちです。
 
設計
設計といってもメモ書き程度のものしか作らない予定です。
 
使用するソフトについて
今回はinkscapeを使います。理由としては、視覚的に物の配置ができるからです。イラストレーターでもいいんですが、なにか複雑なグラフィックデザインを作るわけではないので、オブジェクトの整列のしやすさという観点からinkscapeを使いたいと思います。inkscapeフリーソフトですので皆さんも使ってみてください。なにか簡単なものから本格的なものまで作ることができるのでいいですよ。
 
設計の準備
ゲーム機をどのように配置していくか考えやすくするために、inkscape上で再現します。

f:id:shirasusalad:20160213180406j:plain

このようにそれぞれの寸法を測り、再現しました。
 
ケーブルについて

ゲーム機につないでいるケーブルなどのスペースも考える必要があります。

f:id:shirasusalad:20160213180404j:plain

今回は、ディスク挿入口のクリアランスを「discスペース」とし、ケーブルに必要なスペースを、使用しているケーブルの柔軟性などを考慮して「ケーブルスペース」としました。

 

以上のものをinkscape上でパズルのように組み合わせながら考えていきたいと思います。

背景の薄い緑色が実際の壁のスペースです。

物体を回転させたり、全体を把握しながら考えることができます。
 
この記事の続きはいつになるかわかりませんが、また進み次第ご紹介します!

 

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへブログランキングに参加しております。クリックお願いいたします。励みになります!

広告を非表示にする