VAMRSS blog

このブログは私の部屋のインテリア、自作雑貨の紹介やメイキング、普段の生活で感じたことなど、自由に綴っていきたいと思っています。

毎日の健康管理に!健康チャートを作りました。(自己流)

この記事のキーワード 健康/チャート/表/カロリー/管理/エクセル/excel/cal/

f:id:shirasusalad:20160605230842j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

就職活動が無事に終わり、終わったと同時に風邪をひいてしまいました。ホッとした反動だと思います。風邪をひいていると何もやる気も出ませんし、体も動かせません。心にも良くないですね。やはり健康が一番です。

ということで、今回は毎日健康を意識するための自己流のチャートを作りました。

夏ももう直ぐです!健康は大事です!

注意

今回の表は専門的な知識がない私が趣味の範囲で作成したものです。正確かどうかもわかりませんので、参考程度にお使いください。また、英語表記は正しい表記ではない可能性が高いです。あと、以下の説明で表示されている画像の内容はフィクションです。適当に数値を入力したものです。

 

作成した健康チャートについて

この健康チャートはカロリーが主な内容です。毎日の体重、摂取カロリーを把握することによって、どのくらい運動すれば良いのか考える際に役にたつと思い作成しました。

この表はエクセルで動きます。

 

作成した健康チャートの特徴

基礎代謝量(BEE)の自動計算機能

f:id:shirasusalad:20160605235258j:plain

年齢(AGE)、身長(HEIGHT)、体重(WEIGHT)を入力することによって、その日の基礎代謝量(上画像オレンジ色部分)が自動的に計算されます。基礎代謝量とは簡単に言いますと、生きるだけで消費されるカロリーのことです。身体中に血を巡らせるだけでもカロリーが必要ですよね。よって、寝ていても消費するカロリーの量を基礎代謝量と言うそうです。

参考ページ:ハリス-ベネディクトの式 - Wikipedia

まあ、この基礎代謝量自体にはあまり意味はありませんが、これを使った次の機能が重要になります。

一日の脂肪の減少量(FAT VOLUME)の自動計算機能

f:id:shirasusalad:20160605235307j:plain

一日の摂取したカロリー(BREAKFASTからDRINKまでの数値の合計)から、基礎代謝量と運動消費カロリー(CONSUMPTION)を引いたものを「カロリー差分(GAP)」(上画像緑色部分)とし、その「カロリー差分」に0.15(脂肪1kgのカロリーは7000kcalらしいので、数値を簡略化して0.15にしました。)を掛けたものを脂肪減少量(上画像オレンジ色部分)としました。

この脂肪減少量がこのチャートの中での目玉です。

脂肪減少量は1日でどのくらいの脂肪が減ったのかがわかります。

ただ、脂肪は体にはそんなに早く反映されません。しかし、何か一つを目安にするだけでもわかりやすくなり、ダイエットを続けるモチベーションに繋がると思います。

上画像を例とすると、脂肪減少量は-50.07gとなっています。食べ物や飲み物などによって摂取したカロリーより消費したカロリーが上回ったので、その上回ったカロリーが脂肪減少量に変換されます。これを30日続けるだけで、約1.5kgの脂肪分が減ったことになります。まあ、すべての消費カロリーが脂肪分だけ減少することではないです。あくまで目安ですがわかりやすいことが重要ですね。

一ヶ月間の総括機能

f:id:shirasusalad:20160605235531j:plain

表の一番下部分には一ヶ月間の総括として「基礎代謝量の平均値(AVERAGE BEE)」「運動消費カロリーの平均値(AVERAGE CONSUMPTION)」「合計脂肪減少量(TOTAL FAT VOLUME)」を自動的に計算する機能をつけました。(上画像オレンジ色部分)特に「合計脂肪減少量」はその一ヶ月でどのくらいの脂肪分が減ったのかを知ることができます。ダイエットは体重を減らすことではなく脂肪を減らすことだと思っています。特にこの数字だけを気にするとうまく健康的にダイエットができるんじゃないかなと。

あと、日々の体重が、例え増えていたとしても、合計脂肪減少量がマイナスであれば、その分筋肉量が増えたと言えるかもしれません。あくまで、日々の脂肪減少量を合計しただけの値なので、絶対的に脂肪が減ったとはいえませんが、目安としては非常にわかりやすいものだと思います。

ちなみに、数値を入力できなかった日があった場合はその日を空欄にすると、平均値の計算では自動的にその日は無かったことになるので、きちんとした平均値が計算されます。

表データのダウンロード

以下のリンクからダウンロードしてください。男性用(for MEN)と女性用(for  WOMEN)に分かれています。ご自身にあったものをお使いください。

分かれている理由としては、基礎代謝量が男性と女性で異なるからです。

使い方

準備をする

エクセルで開く

f:id:shirasusalad:20160606004432j:plain

この表は2ヶ月分のデータを入力できます。また2ヶ月分をA4サイズで印刷できるようになっています。

 

月を入力する

f:id:shirasusalad:20160606004555j:plain

表の左上部分(画像オレンジ色部分)に月を入力します。例として2016年の6月に使うとして、「6」と入力しました。

 

日付けを合わせる

f:id:shirasusalad:20160606004635j:plain

月の横はM,T,W,T,F,S,Sと表示されています。これらは曜日を表しています。Mが月曜日、Tが火曜日といった感じです。各曜日の頭文字をとったものです。

画像のオレンジ色部分の数値を変えることによって、その月の初めの日の曜日を合わせることができます。下記を参考にその月の初めの日の曜日を合わせてください。

月の初めの日が

月曜日の場合は1

火曜日の場合は0

水曜日の場合は-1

木曜日の場合は-2

金曜日の場合は-3

土曜日の場合は-4

日曜日の場合は-5

を入力してください。

なお、土曜日か日曜日が月の初めの日かつその月が30日まで、または31日の場合は、表が足りなくなるので、「M,T,W,T,F,S,S」を並び替えてお使いください。

例として2016年の6月は月の初めの日は水曜日なので「-1」を入力しました。

本当は月を入力した時点で勝手に日付けまで反映してくれるようにすればよかったんですが、やり方がわからなかったので諦めました。

必要のない日付け部分を見えなくする

f:id:shirasusalad:20160606005615j:plain

 その月に必要のない日付けを白文字にして見えなくします。

マイナスのついた日付けや月によっては後半の30日以降などです。

f:id:shirasusalad:20160606010229j:plain

例として2016年の6月は30日までしかないので、31日以降はクリアしました。

必要のない日付けのデータをクリアする

f:id:shirasusalad:20160606010016j:plain

必要のない日付けのデータは平均値を出す際に邪魔になるので、クリアします。(画像オレンジ色部分)

クリアの仕方は右クリック(副ボタンクリック)で「数式と値のクリア」をクリックします。

これで準備が完了しました。

 

毎日の記録を始める

入力する項目

f:id:shirasusalad:20160606010645j:plain

毎日入力する部分は画像のオレンジ色部分の10項目です。

f:id:shirasusalad:20160606010721j:plain

内容としては画像の通りです。

年齢と身長はほとんど変わらないので主に8項目を入力します。

画像のオレンジ色部分は自動的に計算してくれます。また、入力ができなかった日がある場合は、その日だけクリアしてください。(月終わりの平均値の計算(自動)でしっかりとした平均値が出ないため)

 

以上です!

ぜひお使いください!私もこの表で健康的に過ごしたいと思います。

今回もご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ当ブログはブログランキングに参加しております。バナーのクリックをお願いします!応援よろしくお願いします!

物撮り「エッジライト」に挑戦!その2

この記事のキーワード ブツ撮り/物撮り/エッジライト/照明/自作

f:id:shirasusalad:20160518212543j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

以前「エッジライト」というブツ撮りの手法に挑戦した記事を書きました。

エッジライトは準備に手間がかかるので、手軽に撮影できるように専用の照明を制作しました。今回はその使用例とメイキングの紹介です。

 

「エッジライト」用照明f:id:shirasusalad:20160518212800j:plain

蛍光灯の光を拡散(ディフューズ)させる仕組みです。

内部は、アルミシートを使用しているのでよく反射します。

f:id:shirasusalad:20160518213059j:plain

表のディフューズ面は交換できるように取り外しができます。今回は塩ビ板を使用しました。

f:id:shirasusalad:20160518213432j:plain

ディフューズ面の大きさはA4サイズ(210mm×297mm)です。

 

使用例

一番上にも載せましたが、このような写真が撮影できます。(泡を消したりなどの加工をした状態です。)このように被写体のエッジ部分を光らせる撮影方法をエッジライトと呼びます。

f:id:shirasusalad:20160518231131j:plain

ガラス瓶に水を入れて撮影しました。

撮影風景はこのようになっています。

f:id:shirasusalad:20160518213842j:plain

f:id:shirasusalad:20160518213844j:plain

照明のディフューズ面に黒い厚紙を直接貼ることができるので、とても楽に撮影ができます。

ちなみに今回の被写体はシマダのラムネ菓子の瓶です。 懐かしさのある少しだけ青色のガラス瓶です。

ラムネはとても美味しかったです。

 

「エッジライト」用照明のメイキング

本体は厚紙(黒ボール紙)でできています。

f:id:shirasusalad:20160518215740j:plain

厚紙だけでは頼りないので、補強するために木材を使用します。

木材は作成したテンプレートに沿って切り出します。

f:id:shirasusalad:20160518215819j:plain

f:id:shirasusalad:20160518215833j:plain

補強のための木材を厚紙に貼り付けました。

f:id:shirasusalad:20160518215949j:plain

内部は、よく反射させるためにアルミシートを使用します。

f:id:shirasusalad:20160518220038j:plain

アルミシートはコンロの下に敷く用のものです。100円ショップで購入しました。

新たに厚紙を切り出し、アルミシートを貼り付け、反射板をつくりました。

f:id:shirasusalad:20160518220129j:plain

先ほど補強した表面の材料に反射板を貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20160518220358j:plain

完成した部品を組み立てます。

f:id:shirasusalad:20160518221041j:plain

ディフューズ面を固定するための枠を作成します。

f:id:shirasusalad:20160518221235j:plain

枠を本体に貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20160518221257j:plain

ディフューズ面を作成します。

f:id:shirasusalad:20160518221329j:plain

塩ビ板と先ほど作成した枠と同じものを使用し、ディフューズ面を作成しました。

本体とディフューズ面はダブルクリップで固定します。

f:id:shirasusalad:20160518221417j:plain

本体を自立させるための土台を作成します。

f:id:shirasusalad:20160518221458j:plain

土台も黒ボール紙を使用しました。

土台を本体に取り付けます。

f:id:shirasusalad:20160518221542j:plain

電球とソケットを取り付けます。

f:id:shirasusalad:20160518221605j:plain

完成です!

f:id:shirasusalad:20160518221645j:plain

今回もご覧いただきありがとうございました。

使用している電球はこちら↓ 

 

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ当ブログはブログランキングに参加しております。バナーのクリックをお願いします!応援よろしくお願いします!

「壁飾り」を作りました。その3「マーキーライト」

この記事のキーワード チャンネル文字/箱文字/ハンドメイド/看板/LED/マーキーライト

f:id:shirasusalad:20160506235005j:plain

 いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

今回は「壁飾りを作りました。」シリーズ第三弾で「チャンネル文字」というものを作ってみました。いわゆる箱文字です。お店の看板でよく使われている立体的な文字です。最近は「マーキーライト」と言うそうですよ。

今回は、ブロードウェイのミュージカルをイメージしました。

f:id:shirasusalad:20160506235246j:plain

幅は950mmで、一つ一つの文字の高さは300mmです。奥行きは45mmです。

イルミネーション用のLEDライトが97つ配置されています。

f:id:shirasusalad:20160506235655j:plain

内部は光が反射するように金色です。

側面は黒色にしました。

f:id:shirasusalad:20160506235747j:plain

きちんと角が出るようにしました。

以下は、点滅させた状態の映像です。

チャンネル文字看板を作りました。

裏面はこんな感じです。

f:id:shirasusalad:20160506235915j:plain

f:id:shirasusalad:20160507000020j:plain

木材の棒によって各文字が固定されています。

f:id:shirasusalad:20160507000149j:plain

裏面が光っていることです。ちょっとSFチックです(笑)

f:id:shirasusalad:20160507000226j:plain

ぼかして写真を撮ると綺麗でした。

 

構造

構造を簡単に説明します。

f:id:shirasusalad:20160507001146j:plain

簡単な文字の断面図です。

厚紙で文字の形の箱を作りその側面にスチレンボードを貼り付けて立体的な文字にしました。

 

メイキング

以下はメイキングです。

f:id:shirasusalad:20160507002441j:plain

金色の画用紙を貼った厚紙を文字の形に切っていきます。

f:id:shirasusalad:20160507002512j:plain

計6文字切りました。これだけでも疲れました。「SHIRASUSALAD」にしなくてよかったです。

f:id:shirasusalad:20160507002644j:plain

ポンチを使ってLEDを取り付ける用の穴を開けていきます。

f:id:shirasusalad:20160507002730j:plain

一旦、文字を箱にするために、厚紙を細長く切っていきます。

幅は使用している定規の幅です。

f:id:shirasusalad:20160507003034j:plain

後ほど出てくる画用紙やスチレンボードも同じように既存のものを使用して幅を決めました。

f:id:shirasusalad:20160507003427j:plain

箱文字の側面の幅は、先ほどの定規と別の定規を合わせた幅です。f:id:shirasusalad:20160507003430j:plain

内側は先ほど使用した長い定規の幅を使用しました。

ではなぜ、幅を定規を使って決めたのかと言いますと。材料の切り出しには同じものをたくさん切り出さなければいけないので、既存のものを使用することによって、わざわざ測る手間の省略と、切り出す際に一定の品質が得られるというメリットがあります。加えて今回の箱文字の構造では作る上でぴったりだと思ったので。

f:id:shirasusalad:20160507004205j:plain

先ほど切り出した細長い厚紙を文字の形に沿ってグルーガンを使って固定していきます。アールの部分は冷ましながら一点一点固定していきますので、結構時間がかかります。

f:id:shirasusalad:20160507004341j:plain

できました。

f:id:shirasusalad:20160507004352j:plain

f:id:shirasusalad:20160507004400j:plain

角の部分も綺麗にできました。角度を合わせて厚紙を斜めに切断しました。

f:id:shirasusalad:20160507004448j:plain

すべての文字ができました。これだけでも結構時間がかかりました。

f:id:shirasusalad:20160507004656j:plain

一旦箱にした文字をいよいよ立体化します。

使う材料はスチレンボードです。これは、高密度の発泡スチロールの両面に紙が貼ってある板です。これを文字の奥行きの長さに合わせて細長く切っていきます。

ここでポイントですが、スチレンボードの表裏の紙を剥がすと自由に曲げることができます。ただ、スチレンボードにも紙同様「流れ目」というものがあります。

f:id:shirasusalad:20160507005015j:plain

試しに、流れ目方向に切断したスチレンボード(右側)と流れ目方向に垂直に切断したスチレンボード(左側)を用意しました。矢印は流れ目方向です。

これらの表裏の紙をはがして丸めてみます。

f:id:shirasusalad:20160507005531j:plain

流れ目方向に垂直に切断したスチレンボードは綺麗に曲がりますが、一方流れ目方向に切断したスチレンボードは綺麗に曲がりませんでした。

これは流れ目と呼ばれる繊維の向きによる特性です。紙にもスチレンボードにも木材にもこのような特性があります。

今回は文字を立体化する上で、アール部分があるので、流れ目方向に気をつけながら材料を切り出しました。

 

それでは、文字を立体化していきます。

f:id:shirasusalad:20160507010031j:plain

アール部分をメジャーで測りその長さに合わせてスチレンボードを切断します。

f:id:shirasusalad:20160507010114j:plain

文字の側面に両面テープを貼りつけます。

f:id:shirasusalad:20160507010134j:plain

スチレンボードの表裏の紙をはがし、文字に沿って貼り付けました。

f:id:shirasusalad:20160507010222j:plain

内側も貼っていきます。

f:id:shirasusalad:20160507010236j:plain

同じ要領で一文字できました。

f:id:shirasusalad:20160507010452j:plain

「M」の文字のようにとんがった部分は合わせて切断しました。

f:id:shirasusalad:20160507010834j:plain

すべての文字ができました。

f:id:shirasusalad:20160507010907j:plain

立体化した文字の表面に画用紙を貼っていきます。

材料は画用紙です。

f:id:shirasusalad:20160507003427j:plain

f:id:shirasusalad:20160507003430j:plain

先ほどのように定規に合わせて切断しました。流れ目方向にも気をつけて切断しました。

f:id:shirasusalad:20160507011105j:plain

長さを合わせ切断し仮に配置していきます。

f:id:shirasusalad:20160507011203j:plain

内側は金色の画用紙、外側は黒色の画用紙です。

f:id:shirasusalad:20160507011238j:plain

すべての文字の表面に貼り付け終わりました。

f:id:shirasusalad:20160507011301j:plain

結構うまくできました。箱文字本体はこれで完成です。

 

LED組み込み

LEDを組み込んでいきます。

f:id:shirasusalad:20160507011528j:plain

まずは点灯チェックを行いました。

使用したLEDはこちらです。 

f:id:shirasusalad:20160507011546j:plain

グルーガンを使って組み込んでいきます。

f:id:shirasusalad:20160507011629j:plain

一文字目が組み込まれました。

f:id:shirasusalad:20160507011651j:plain

すべての文字にLEDが組み込まれました。

土台作り

文字を固定するための木材を固定していきます。

f:id:shirasusalad:20160507011813j:plain

木材のための台座をスチレンボードで作成しました。とても雑です。

f:id:shirasusalad:20160507011844j:plain

木材を仮に配置しました。

f:id:shirasusalad:20160507011904j:plain

台座を固定して木材も固定しました。

f:id:shirasusalad:20160507011920j:plain

これだけでは少しばかり強度が気になるので、木材に橋をかけて強度を上げました。

完成

f:id:shirasusalad:20160507011959j:plain

完成です!

f:id:shirasusalad:20160506235005j:plain

f:id:shirasusalad:20160506235747j:plain

最後までご覧いただきありがとうございました。 

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ当ブログはブログランキングに参加しております。バナーのクリックをお願いします!応援よろしくお願いします!