読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VAMRSS blog

このブログは私の部屋のインテリア、自作雑貨の紹介やメイキング、普段の生活で感じたことなど、自由に綴っていきたいと思っています。

「壁飾り」を作りました。その5 旅の記録に「トラベルマップ」

インテリア 壁飾りシリーズ 作ったもの

この記事のキーワード 壁飾り/ポスター/地図/国土地理院/日本地図/旅/記録

f:id:shirasusalad:20170211153359j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

今回は壁飾りシリーズ5つめとして今まで行った場所をピンを使用して記録する「トラベルマップ」を作りました。作りましたと言っても、市販の地図をピンが刺せる仕様にしただけです。

ちなみに、都合(測量法等)により実物の地図が一部でも写った写真は使用できません。よって精度のないイラストでの説明になります。

作ったものの紹介

f:id:shirasusalad:20170211164305j:plain

 大きさは縦935mm横535mmです。使用した地図は国土地理院が刊行している「500万分1日本とその周辺」です。500万分の1なので、本州がA4用紙に収まるくらいです。

この地図を選んだ理由としては、地図を張り合わせるための板(部屋にあった廃材)の大きさに合わせるのにちょうど良かったからです。様々な地図が販売されていますが、この地図は非常に細かく、印刷も綺麗です。非常に広範囲なので見栄えがいいです。

f:id:shirasusalad:20170211165003j:plain

写真はイラストを使用したサンプルなので、情報量がとても少ないです。このようにピンを使用して今まで行ったことがある場所を記録することができます。

どんどんピンが増えていくのが楽しみです。ピンの色を変えて家族で共有しながら使うのも楽しそうですね。

 

使用したピンはアップリケ用の待ち針です。洋裁用の待ち針では、太く、また長いので、500万分の1の地図には少しばかり大きいです。今回は少々値が張りますがアップリケ用の待ち針を使用しました。ちなみに以下のものを購入しました。

Clover アップリケ待針 細

Clover アップリケ待針 細

 
 メイキング

以下はメイキングです。全体的に写真が暗くなってしまいました。

f:id:shirasusalad:20170211165238j:plain

地図の土台はスチレンボード(密度の高い発泡スチロールを紙でサンドイッチして板状にしたもの)を使用します。スチレンボードを土台にすることで、ピンを刺すことが出来ます。

今回は大きいサイズのスチレンボードを用意できなかったので、接ぎ合わせて使用します。

f:id:shirasusalad:20170211165336j:plain

サイズに合わせて切断しました。

f:id:shirasusalad:20170211165350j:plain

マスキングテープで仮止めします。

f:id:shirasusalad:20170211165407j:plain

接ぎ合わせるため、模造紙を使用します。

f:id:shirasusalad:20170211165533j:plain

模造紙をスチレンボードに貼り合わせます。両面行います。

f:id:shirasusalad:20170211165633j:plain

いらない部分を切り落とし、一枚のスチレンボードになりました。なかなか綺麗にできました。

この上に地図を貼り合わせて、同じようにいらない部分を切り落とし完成です。

完成

f:id:shirasusalad:20170211153359j:plain

今回もご覧いただきありがとうございました。

すこしでもこの記事を気に入っていただけたら、下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ

小銭貯金に!「コイン巻き用紙」を作りました。

一時間ハンドメイド 作ったもの

この記事のキーワード コイン巻き/棒金/小銭貯金/用紙/ハンドメイド

f:id:shirasusalad:20161203200716j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

早速ですが以前、このような記事を書きました。

小銭貯金を毎日一年間続けるというものです。

もうすぐで年末になるので、貯めてきた小銭を口座に入れていこうかと思ってます。そのため、大量の小銭を一時的に保管するためのコイン巻きを作ってみました。

今回も配布をしますので是非使ってみて下さい。

余談ですが、銀行で小銭に両替する際の50枚セットのことを「棒金(ぼうきん)」と言うそうです。単位は「本」です。レジのアルバイトを経験された方はご存知だと思います。私は知りませんでした。

 

それでは作った物の紹介です。

紹介

 

f:id:shirasusalad:20161203204816j:plain

コイン巻きは三種類作りました。

f:id:shirasusalad:20161203204831j:plain

一つ目は一円、五円、十円硬貨用です。

f:id:shirasusalad:20161203205045j:plain

テープで固定する位置によって太さを変えることができます。

f:id:shirasusalad:20161203205619j:plain

二つ目は五十円、百円硬貨用です。

f:id:shirasusalad:20161203205642j:plain

同じく太さを変えられます。

f:id:shirasusalad:20161203205650j:plain

最後は五百円硬貨専用です。

f:id:shirasusalad:20161203205728j:plain

500円は一本で25000円になります。

 

使い方 (今回は例として十円硬貨を使用します。)

 

A4用紙に等倍(100%)印刷をします。

f:id:shirasusalad:20161203210732j:plain

100mmの部分を定規で測り、100mmであるか測ります。(きちんと100%で印刷されているか、確認するため。)

f:id:shirasusalad:20161203210757j:plain

15mmの部分を切り出します。

f:id:shirasusalad:20161203210850j:plain

切り出したものをテープ等を使って筒を作ります。

f:id:shirasusalad:20161203210917j:plain

本体を切り出します。

f:id:shirasusalad:20161203211005j:plain

巻きたいコインの印に合わせて筒状にします。(今回は10YEN COINの部分になります。)

f:id:shirasusalad:20161203211052j:plain

コインを50枚用意します。

f:id:shirasusalad:20161203211334j:plain

先ほど作った小さな筒の上にコインを一枚載せます。

f:id:shirasusalad:20161203211446j:plain

上から本体を被せます。

f:id:shirasusalad:20161203211522j:plain

残った49枚のコインを入れていきます。

f:id:shirasusalad:20161203211552j:plain

口を折り曲げます。

f:id:shirasusalad:20161203211609j:plain

反対部分も折り曲げます。

f:id:shirasusalad:20161203211633j:plain

完成です!

f:id:shirasusalad:20161203211651j:plain

赤ペンなどで巻いたコインの印をつけておくとわかりやすいです。(例:五十円硬貨)

f:id:shirasusalad:20161203212123j:plain

今回もご覧いただきありがとうございました。

すこしでもこの記事を気に入っていただけたら、下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ

「壁飾り」を作りました。その4「貝を飾る」

インテリア 作ったもの 壁飾りシリーズ

この記事のキーワード 貝殻/飾る/壁飾り/標本/IKEA

f:id:shirasusalad:20161015170209j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

久々の更新になってしまいました。今回は「壁飾りを作りました。」シリーズ第四弾で貝を飾ってみます。

千葉県の市原市に行った知人がそこで拾った貝殻をプレゼントしてくれました。せっかくなので飾ってみようという話です。

この貝殻はなんの貝殻なのかわかりませんでしたが、調べてみると「バカガイ」という貝の貝殻みたいです。知人は何か意味を持ってプレゼントしたのかどうかはわかりませんが、なにも考えずに作ってみます。

この貝が本当に「バカガイ」なのかどうか自信がないので、貝殻マニアの方がいらっしゃいましたら、この貝が本当に「バカガイ」なのかどうか教えてください。

まずは、完成した壁飾りの紹介です。

f:id:shirasusalad:20161015171001j:plain

少し博物館の展示を意識しました。真ん中に貝殻を配置して、上のプレートには、拾った日付、場所とロゴマーク。下には「バカガイ」の学名とちょっとした説明です。

f:id:shirasusalad:20161015171152j:plain

少しばかり浮いています。

メイキング

背景を作る

f:id:shirasusalad:20161015171712j:plain

IKEAの「RIBBA」シリーズの額縁を使用します。この額縁は、内側に3cmほどの奥行きがあり、立体的な物を飾ることができます。1つ1000円くらいでした。

f:id:shirasusalad:20161015172224j:plain

台紙を取り出し、台紙のサイズに合わせて段ボールを切断します。

f:id:shirasusalad:20161015172333j:plain

切断した段ボールに黒画用紙を貼りました。これが飾りの背景になります。

貝殻の台座を作る

f:id:shirasusalad:20161015172535j:plain

貝殻を固定するための台座を作ります。あまった段ボールを正方形に切断します。

f:id:shirasusalad:20161015172626j:plain

両面テープで貼り合わせます。

f:id:shirasusalad:20161015172701j:plain

グルーガンホットボンド)を表面に出します。

f:id:shirasusalad:20161015172744j:plain

貝殻をその上に置いて位置を合わせます。位置を合わせたら十分に時間をおいてグルーガンを冷まし固定します。

f:id:shirasusalad:20161015172854j:plain

このように固定されました。

プレートを作る

f:id:shirasusalad:20161015173023j:plain

プレートの図柄を印刷します。

f:id:shirasusalad:20161015173041j:plain

図柄を厚紙などに貼り付け、サイズに合わせて切断します。今回は厚紙ではなく、ポップコーア(細かい発泡スチロールを紙でサンドウィッチした物)厚さ1mmを使用しました。

f:id:shirasusalad:20161015173245j:plain

少しばかりプレートを浮かせたいので、裏面に余った段ボールを貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20161015173311j:plain

いい感じに浮きました。

f:id:shirasusalad:20161015173330j:plain

装飾としてピンを差し込みます。ピンの材料はプッシュピンの針の部分です。あまり質の良くないプッシュピンは針が抜けやすいのでオススメです。

f:id:shirasusalad:20161015173431j:plain

プレートに刺します。

背景に貼り付ける

f:id:shirasusalad:20161015183302j:plain

作った物を背景に貼り付けますが、位置合せが難しいので、ガイドを作りました。

ガイドは半分に切っておくと接着した後でも外しやすくなります。

f:id:shirasusalad:20161015183404j:plain

ガイドに合わせて両面テープで接着します。

f:id:shirasusalad:20161015183429j:plain

 ガイドを外します。

完成

f:id:shirasusalad:20161015170209j:plain

完成です!

今回もご覧いただきありがとうございました。

すこしでもこの記事を気に入っていただけたら、下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ