VAMRSS blog

このブログは私の部屋のインテリア、自作雑貨の紹介やメイキング、普段の生活で感じたことなど、自由に綴っていきたいと思っています。

今まで撮ってきた写真を編集、加工してみました。(4枚の作例紹介)

この記事のキーワード 写真加工/写真編集/Photoshop/カメラ

f:id:shirasusalad:20170603181444j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

今回は、今まで撮ってきた写真を編集、加工をしてみました。そのプロセスを順を追って説明したいと思います。

使用したソフトウェアはAdobe Photoshop CC 2015です。ちなみにAdobe Creative Cloudのサービスを利用しているので、いつでもソフトウェアを更新できますが、その更新が若干めんどくさいので、PhotoshopはCC 2015のままです。

ちなみに、この記事は、Photoshop使い方の紹介ではありません。ただ、使用したツールは記述しましたので、使い方は書籍やウェブサイト等をご参照ください。よって、Photoshopを使用してどのように編集、加工を行ったかというものになります。私は素人ですので編集、加工の方法については色々と突っ込みどころが多いかもしれませんが、ご了承ください。あくまで、一つのやり方としてご覧ください。

まあそれは置いておいて、ではまず完成した画像からご紹介します。その写真の紹介等は個々のプロセス内でご紹介します。

うずしお観潮船「ワンダーなると」船内

f:id:shirasusalad:20170603181444j:plain

・富士山

f:id:shirasusalad:20170603131449j:plain

大塚国際美術館

f:id:shirasusalad:20170603215822j:plain

鳥取砂丘

f:id:shirasusalad:20170603222918j:plain

以上の4点について元の写真からどのように編集、加工を行ったかご紹介します。

ちなみに、今回は色々と加工を行っています。もう写真と言えないんじゃないかという人もいるかもしれません。一つの作品として捉えて頂ければなと思います。また、編集や加工の楽しさが伝わればいいなと思っています。

 

それでは、どうぞ!

うずしお観潮船「ワンダーなると」船内

f:id:shirasusalad:20170603182627j:plain

カメラ:NIKON D7200 レンズ:SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM 焦点距離:8mm(35mm換算:12mm) シャッター速度:1/160秒 絞り:F5.0 ISO:250

徳島県の鳴門大橋の真下ではうずしおが見られます。そのうずしおを間近で見られる、うずしお観潮船「わんだーなると」の船内です。赤と黄色と青(緑)の椅子が印象的で可愛かったので撮ってみました。

f:id:shirasusalad:20170603180720j:plain

写真を取り込みます。写真はRawで撮っているので、Adobe PhotoshopのRaw現像ソフト「CameraRaw」を使用します。

f:id:shirasusalad:20170603180820j:plain

レンズの歪み補正、傾き補正を行います。今回は上手く水平に撮れていますので傾き補正は微々たるものでした。

f:id:shirasusalad:20170603180834j:plain

色温度、コントラスト、ハイライト等自分の作りたいイメージの下地になるように調整します。今回は、窓から見える景色を真っ白にしたいので、加工をし易くする為ハイライトや白レベルはぐんと上げてみました。

f:id:shirasusalad:20170603180847j:plain

Raw画像の編集を終え、Photoshopに移動します。

f:id:shirasusalad:20170603180923j:plain

窓から見える景色を「スポット修復ブラシツール」を使い真っ白にしました。余計なものを消すことで、写真がシンプルになり、メリハリも生まれます。

f:id:shirasusalad:20170603181042j:plain

カラーバランスや明るさ、コントラストを自分のイメージにそうように調整します。今回は、椅子の色が主役なので、赤、黄、緑は鮮やかに見えるように調整しました。また全体的に青みがけ、清潔感をだし明るく仕上げました。

f:id:shirasusalad:20170603181444j:plain

アンシャープマスクをかけて完成です。

f:id:shirasusalad:20170603182627j:plain

参考として元の写真です。

富士山

f:id:shirasusalad:20170317092154j:plain

カメラ:NIKON D7200 レンズ:SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM 焦点距離:16mm(35mm換算:25mm) シャッター速度:1/800秒 絞り:F5.6 ISO:100

飛行機の上から撮影した富士山の写真を加工していきます。

f:id:shirasusalad:20170603130000j:plain

写真を取り込みます。写真はRawで撮っているので、Adobe PhotoshopのRaw現像ソフト「CameraRaw」を使用します。

f:id:shirasusalad:20170603130152j:plain

レンズの歪み補正、傾き補正を行います。

f:id:shirasusalad:20170603130610j:plain

色温度、コントラスト、ハイライト等自分の作りたいイメージの下地になるように調整します。今回は、後のカラーバランスを調整する際にコントラストが上がる予定なので、白色が飛ばないようにハイライトと白レベルを抑えました。

f:id:shirasusalad:20170603130736j:plain

Raw画像の編集を終え、Photoshopに移動します。

f:id:shirasusalad:20170603130900j:plain

傾き補正によって生まれた空白部分を「スポット修復ブラシツール」で補完します。

f:id:shirasusalad:20170603131034j:plain

同じく、スポット修復ブラシツールで左下の窓枠の影を補完します。この時、何度かスポット修復ブラシツールを使用し違和感がなくなるように調整します。(スポット修復ブラシツールは、画像内の似ている箇所を抽出し、新たに描画するツールです。よって、雲が補完される際には画像内の雲がコピーされているので、自然ではありえない「同じ雲が二つある」状態になります。なので、何度かスポット修復ブラシツールを使用することで、不自然な状態を直してあげます。)

f:id:shirasusalad:20170603131404j:plain

カラーバランスを調整します。今回、仕上げたいイメージの色合いはシアン色にしたいので、イメージに近づくように調整します。

f:id:shirasusalad:20170603131425j:plain

好みでトーンカーブを調整します。

f:id:shirasusalad:20170603131449j:plain

アンシャープマスクをかけ、トリミングして完成です。

f:id:shirasusalad:20170317092154j:plain

参考として元の写真です。

大塚国際美術館

f:id:shirasusalad:20170317115731j:plain

カメラ:NIKON D7200 レンズ:SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM 焦点距離:8mm(35mm換算:12mm) シャッター速度:1/20秒 絞り:F5.0 ISO:250

徳島県にある大塚国際美術館こちらのエントランスには非常に迫力のあるエスカレーターがありました。大きなものはシンメトリーが似合いますね。

f:id:shirasusalad:20170603214513j:plain

写真を取り込みます。写真はRawで撮っているので、Adobe PhotoshopのRaw現像ソフト「CameraRaw」を使用します。

f:id:shirasusalad:20170603214602j:plain

レンズの歪み補正、傾き補正を行います。今回は水平垂直をバッチリ補正しました。

f:id:shirasusalad:20170603214651j:plain

色温度、コントラスト、ハイライト等自分の作りたいイメージの下地になるように調整します。

f:id:shirasusalad:20170603214746j:plain

Photoshopに取り込み、グリッドを表示させ、遠近法ツールを使用して形を調整します。今回は撮影時にはきちんとど真ん中を狙ったつもりですが、少しばかり右によってしまったため、中心がとれていません。なので、遠近法ツールとグリッドを使用し、真ん中は真ん中へ調整します。

f:id:shirasusalad:20170603214815j:plain

左右対称になりました。(左右対称に向けて補正しましたが、技術力がない為完璧には遠い仕上がりになりました。)

f:id:shirasusalad:20170603215142j:plain

トリミングを行いました。

f:id:shirasusalad:20170603215225j:plain

「スポット修復ブラシツール」を使用して左下の空白を補完します。

f:id:shirasusalad:20170603215319j:plain

カラーバランスを調整します。大塚国際美術館は非常に立派な建物で、何か威厳を感じたので少しばかり重々しいイメージになるように色を調整しました。

f:id:shirasusalad:20170603215527j:plain

明るさ、コントラストを調整しました。建物とエスカレーターのメタル素材を強調したいので、コントラストを高めにしました。

f:id:shirasusalad:20170603215822j:plain

アンシャープマスクをかけて完成です。

f:id:shirasusalad:20170317115731j:plain

参考として元の写真です。

鳥取砂丘

f:id:shirasusalad:20150225132159j:plain

カメラ:NIKON D90 レンズ:NIKON AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II 焦点距離:200mm(35mm換算:300mm) シャッター速度:1/500秒 絞り:F5.6 ISO:100

鳥取砂丘です。望遠レンズを持っていたのでちょっと面白い写真を狙ってみました。

鳥取砂丘は地形が下の図のようになっています。

f:id:shirasusalad:20170603230238j:plain

このように遠くの丘の人(被写体)と同じ高さから写真を撮る事が出来るので、面白い写真が撮れると思いました。

f:id:shirasusalad:20170604063512j:plain

写真を取り込みます。写真はRawで撮っているので、Adobe PhotoshopのRaw現像ソフト「CameraRaw」を使用します。

f:id:shirasusalad:20170604063554j:plain

レンズの歪み補正、傾き補正を行います。 

f:id:shirasusalad:20170604063618j:plain

色温度、コントラスト、ハイライト等自分の作りたいイメージになるように調整します。今回はここで仕上げちゃいます。色合いは、なんとなく砂の生き生きさを表現したいと思いました。

f:id:shirasusalad:20170604063709j:plain

Raw画像の編集を終え、Photoshopに移動します。

f:id:shirasusalad:20170604063755j:plain

「スポット修復ブラシツール」を使用して、砂丘内のゴミ(?)等を除去します。

f:id:shirasusalad:20170604063843j:plain

「切り抜きツール」を使用し、画像のアスペクト比(縦横の比率)を1:1の正方形にします。

普段は、画像内で正方形が収まるようにトリミングをしますが、今回は画像を拡張してみます。

f:id:shirasusalad:20170604064211j:plain

レイヤーを一つ作り、そのレイヤー画像の後ろに配置します。また、配置したレイヤーはべた塗りで、空の色に合わせます。

f:id:shirasusalad:20170604064327j:plain

画像と、先ほどのレイヤーを統合して、「スポット修復ブラシツール」で色の境目をごまかします。

f:id:shirasusalad:20170604064636j:plain

「アンシャープマスク」をかけて完成です。

f:id:shirasusalad:20150225132159j:plain

参考として元の写真です。

 

以上4枚の作例でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

オリジナル紙製箱の作り方(大きいタイプ)

この記事のキーワード 紙/箱/ハンドメイド/作り方/大きめ/ラージ

f:id:shirasusalad:20170313212646j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

今回はボックスシリーズの新作として、大きいタイプの箱を作りました。

f:id:shirasusalad:20170314184845p:plain

3つ目ということで、シリーズと言えるので、ロゴマークをつくってみました。

 

ちなみに、他のボックスシリーズはこちらになります。

この記事の目次

作ったものの紹介

f:id:shirasusalad:20170313212649j:plain

今回作成した箱のサイズは、(内寸が)横20.3cm、奥行き20.5cm、高さ17.5cmの大きめの箱です。大きめですが、型紙をA4サイズで印刷できるのが特長です。

f:id:shirasusalad:20170313212646j:plain

大きめで材料費もかかるので、デザインは今までのに比べて少しばかりリッチにしました。

f:id:shirasusalad:20170313212641j:plain

おもて面にはプレートが貼り付けてあります。(リッチポイント その1)

f:id:shirasusalad:20170313212643j:plain

ふたの天面は木目調の板です。(リッチポイント その2)

ご覧のように今回の箱はオール紙製ではありません。天面の板に塩化ビニル製の「フロアタイル」を使用しました。「フロアタイル」とは、柄がプリントされた床材です。百円均一で売っていたものです。厚紙に比べて硬い材料なので、強度が増しています。

あと、写真では伝わりませんが少し重めです。(リッチポイント その3)

 

f:id:shirasusalad:20170313212647j:plain

本体の内部はダンボールで補強されています。

強度が高いので、様々なものを入れられそうです。

 

型紙のダウンロード

今回は型紙を配布します。印刷して、以下の作り方を参考にして作ってみてください。(少しばかり難易度が高めです。)

 

用紙[A][B][C][D](A4サイズ2枚ずつ印刷)

用紙[E](A4サイズ1枚印刷)

 

作り方

それでは作り方です。(写真の色や明るさが不安定です。)

道具の使い方などはこちらの記事をご覧ください。

 

材料を用意する

必要な材料は以下の通りです。

・コピー用紙:A4サイズ/9枚

・厚紙(黒色):A4サイズ以上/8枚

ダンボール:適宜

・フロアマット:適宜

・スチレンボード(1mm)または厚紙(白色):適宜

・ホチキス

 

印刷する

f:id:shirasusalad:20170313220940j:plain

型紙をダウンロードして、A4サイズのコピー用紙に100%等倍で印刷をします。

印刷する枚数は、[A][B][C][D]は2枚ずつ、[E]は1枚です。合計9枚です。

また、[A]と[B]はふた部分[C]と[D]は本体部分になります。

f:id:shirasusalad:20170313221228j:plain

定規を使い、印刷した用紙の写真の部分測ります。きちんと100%で印刷されているか確かめます。100mmでしたら結構です。

 

厚紙に貼り付ける

f:id:shirasusalad:20170313221335j:plain

スプレーのりなどを使い、部品[A][B][C][D]の用紙を、一枚ずつ厚紙に貼り付けます。

厚紙は、ダイソー製の「黒色厚紙」(B4)サイズを使用しました。

 

線に沿って切り取る

f:id:shirasusalad:20170313221610j:plain

カッターを使い、山折り線をハーフカットします。(完全に切り取らずに筋を入れることです。)また、切り取り線に沿って切り取ります。

 

断面を塗装する

f:id:shirasusalad:20170313222001j:plain

マーカーなどを使い、切断面、ハーフカットした面を塗装します。塗装すると切断面が目立たず、見栄えが良くなります。また、マーカーは油性のものをお勧めします。適度に艶が出るので、綺麗に仕上がります。

 

型紙を剥がす

f:id:shirasusalad:20170313222302j:plain

部品[A]と[B](ふた部分)、部品[C]と[D](本体部分)の型紙を剥がします。ソルベントやのり落としを使用して、表面に付着したのりを落とします。この時、型紙を剥がしてしまうので[A]と[B]、[C]と[D]のセットが混ざらないように注意してください。付箋等を貼り、混ざらないようにしましょう。

 

ふた部分本体部分をそれぞれ箱状に組み立てる

f:id:shirasusalad:20170313222850j:plain

両面テープを使い、[A]と[B](ふた部分)、[C]と[D](本体部分)を写真のように両面テープを貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170313223622j:plain

台形部分の向きを揃えて貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170313223726j:plain

箱状になりました。(一つ前の写真と天地が逆になっています。)

 

ふた部分本体部分のそれぞれに底面を作る

f:id:shirasusalad:20170313224011j:plain

定規を使い底面の大きさを測ります。カッターを使い、測った大きさに合わせてダンボールを切り取ります。切り取ったダンボールを底面に貼り付けます。

 

本体部分を補強する

f:id:shirasusalad:20170314182529j:plain

定規を使い、本体部分の内側側面を測ります。カッターを使い測った大きさに合わせてダンボールを切り取ります。両面テープを使い切り取ったダンボールを側面に貼り付けます。本体部分はほぼ完成です。

 

ふた部分の天面をならす

f:id:shirasusalad:20170314182811j:plain

天面のフローリングマットを貼るために、ふた部分の天面に余った厚紙を貼り付け、下地を作ります。

 

天面を貼り付ける

f:id:shirasusalad:20170314182924j:plain

今回はダイソー製のフローリングマットを使用します。

f:id:shirasusalad:20170314182945j:plain

定規を使い、天面の大きさを測ります。カッターを使い測った大きさに合わせて切り取ります。材料が硬いので切り取る際は十分気をつけてください。一気に切ろうとせず、何度も刃を通して切り取りましょう。また、マーカー等を使い、断面を塗装すると綺麗に仕上がります。

f:id:shirasusalad:20170314183016j:plain

切り取ったフローリングマットの裏面の剥離紙を剥がし、天面に貼り付けます。

 

ホチキスを留める

f:id:shirasusalad:20170314183140j:plain

ホチキスを使いふた部分の写真の位置を留めます。(この作業は特に必要ではありませんが、今までのボックスのデザインと合わせてみました。)

 

装飾する

f:id:shirasusalad:20170314183252j:plain

カッターを使い用紙[E]の部品を大雑把に切り取ります。

f:id:shirasusalad:20170314183324j:plain

スプレーのりを使い、部品[E-1]は厚紙、部品[E-2]はダンボール、[E-3]は1mm厚のスチレンボード(または白い厚紙)に貼り付けます。また、カッターを使い線に沿って切り取ります。

f:id:shirasusalad:20170314183448j:plain

両面テープを使い、切り取った部品[E-1]を本体部分の底面(天面)へ写真のように貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170314183541j:plain

両面テープを使い、切り取った部品[E-2]をふた部分の内側の底面の角(四方)へ貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170314183639j:plain

f:id:shirasusalad:20170314183704j:plain

両面テープを使い切り取った部品[E-3]をふた部分に写真のように貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170314183736j:plain

完成です!

 

撮影環境

f:id:shirasusalad:20170313212644j:plain

記事内4枚目(ロゴマーク含めて)のブツ撮り環境について

光源:提灯照明2つ(左は奥、右は手前)、背景上のLEDライト

背景:IKEAの遮光ロールスクリーン(白色)

 

提灯照明やブツ撮りの環境につきましては、以前の記事をご覧ください。 

今回もご覧いただきありがとうございました。

すこしでもこの記事を気に入っていただけたら、下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ

部屋の模様替えをしました。2017年版

この記事のキーワード 模様替え/部屋/インテリア/DIY/紹介

f:id:shirasusalad:20170307213037j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

先日、部屋の模様替えをしたので紹介します。

 2016年版はこちら

全景

f:id:shirasusalad:20170307213102j:plain

f:id:shirasusalad:20170307213106j:plain

全体はこんな感じです。

 

西面

f:id:shirasusalad:20170307213154j:plain

PCスペース(左側)とものづくりスペース(右側)です。

生活スペースを一面だけに凝縮したイメージです。ツーバイフォー材で柱を立て、棚を制作しました。出入り口の上まで棚を伸ばしたのがお気に入りです。また、この面だけ壁の色を塗装しています。色は様々なペンキを調合して作った色です。写真だとわかりにくいですが、紺色に少しばかり緑が混じっています。

棚の一番上には廃番になったIKEAの収納箱が並んでいます。収納力は抜群です。あまり使わない道具や今まで作ったもの、材料や思い出のある捨てられないものたちが収納されています。

 

南面

f:id:shirasusalad:20170307213249j:plain

ダンボール箱収納棚(正面)です。IKEAの段ボール箱がぴったり入る棚です。36個の段ボール箱が収納できます。よく使う道具や家族のもの等様々なものが分類されて収納されています。

 

東面

f:id:shirasusalad:20170307214422j:plain

キャビネット群です。大きめのものや、楽器、ゲーム機などの箱などが収納されています。

 

北面

f:id:shirasusalad:20170307213300j:plain

電子ドラムスペース(右側)です。部屋で一番明るいところです。

 

PCスペース

f:id:shirasusalad:20170307213330j:plain

2010年モデルのiMacです。もうすぐで7年目になりますが、壊さずに大切に使っていきたいです。PCスペースの横は大きな時計があります。時間に厳しくなれました。

PCの横、本棚の両端にスピーカーがあるので、PCから離れていても気持ち良く音楽が聴けます。時計のしたのスイッチャーで各スピーカーをオンオフできるようになっています。

f:id:shirasusalad:20170307214519j:plain

上側は本棚になっています。最近、小説は電子書籍で購入しているので本棚を圧迫しないのでいいですね。

f:id:shirasusalad:20170307214540j:plain

ライトアップできます。あまり点けていません。

 

ものづくりスペース

f:id:shirasusalad:20170307213430j:plain

小さなタッパーを56個収納できる棚があります。下にはレーザープリンターがあります。レーザープリンターを購入して、作るものなどの幅がグンと広がりました。買ってよかった。レーザープリンターの右横はiMacの空き箱を使用した材料箱になっています。

 

ゲームコーナー

f:id:shirasusalad:20170307213504j:plain

レコードプレーヤーやゲーム機(モニターの後ろ)があります。現在はPS3(テレビ用)とWii USplatoon用)がありますが、今後はWii UNintendo Switchに変わる予定です。Splatoonが発売した際にNintendo Switchを購入しようと思います。Nintendo Switchは配線が単純そうでいいですね。

ゲームコーナーの下は衣服収納用のキャビネットになっています。

 

増えたもの、かわったもの

床とカーペット

f:id:shirasusalad:20170307213549j:plain

床にウッドカーペットを敷きました。部屋の雰囲気がガラリと変わり、気に入っています。

また、ペルシャ絨毯に強い憧れがあり、ペルシャ絨毯風のものを手に入れました。床の生活ができるようになり、居心地が良くなりました。床の色とマッチして部屋の雰囲気が大きく変わりました。

いつか本物のペルシャ絨毯が欲しいです。

 

キャビネット

f:id:shirasusalad:20170307213612j:plain

IKEAのイーヴァル(IVAR)シリーズのキャビネットを4つ並べました。少しばかりアレンジをして天板が一直線になるようにしました。(脚になる材料をうまい具合に切断しただけです)また、掃除がしやすいように、床から少しだけ浮かせています。キャビネットの上にある「VAMRSS」の文字は自作のマーキーライトです。

その時の記事はこちらです。

 

f:id:shirasusalad:20170307213631j:plain

キャビネットの上にいろいろなものを並べて飾ることができます。飾り方は検討中です。

f:id:shirasusalad:20170307213702j:plain

たくさん収納できます。

 

ペンギン

f:id:shirasusalad:20170307213715j:plain

ペンギンが好きなのでリニューアル記念にキングペンギンの置物を購入しました。

70679 キングペンギン ビニールモデル

70679 キングペンギン ビニールモデル

 

高さが30cmほどある大きな置物です。ビニールモデルなので柔らかいですし、落としても平気です。ちょっとしたアクセントにどうぞ。

ペンギンの後ろにある紅白のしましまは意味はありませんが、少しばかり見栄えが良くなるように作ったものです。画用紙を貼り合わせて作ったのだけなので大したものではないですが、画用紙の発色がいいので気に入っています。これもちょっとしたアクセントになるのでどうぞ。

f:id:shirasusalad:20170307213731j:plain

以上が部屋の紹介、新しく増えたもの、かわったものでした。

最後までご覧いただきありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

 

すこしでもこの記事を気に入っていただけたら、下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ