読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VAMRSS blog

このブログは私の部屋のインテリア、自作雑貨の紹介やメイキング、普段の生活で感じたことなど、自由に綴っていきたいと思っています。

オリジナル紙製箱の作り方(大きいタイプ)

この記事のキーワード 紙/箱/ハンドメイド/作り方/大きめ/ラージ

f:id:shirasusalad:20170313212646j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

今回はボックスシリーズの新作として、大きいタイプの箱を作りました。

f:id:shirasusalad:20170314184845p:plain

3つ目ということで、シリーズと言えるので、ロゴマークをつくってみました。

 

ちなみに、他のボックスシリーズはこちらになります。

この記事の目次

作ったものの紹介

f:id:shirasusalad:20170313212649j:plain

今回作成した箱のサイズは、(内寸が)横20.3cm、奥行き20.5cm、高さ17.5cmの大きめの箱です。大きめですが、型紙をA4サイズで印刷できるのが特長です。

f:id:shirasusalad:20170313212646j:plain

大きめで材料費もかかるので、デザインは今までのに比べて少しばかりリッチにしました。

f:id:shirasusalad:20170313212641j:plain

おもて面にはプレートが貼り付けてあります。(リッチポイント その1)

f:id:shirasusalad:20170313212643j:plain

ふたの天面は木目調の板です。(リッチポイント その2)

ご覧のように今回の箱はオール紙製ではありません。天面の板に塩化ビニル製の「フロアタイル」を使用しました。「フロアタイル」とは、柄がプリントされた床材です。百円均一で売っていたものです。厚紙に比べて硬い材料なので、強度が増しています。

あと、写真では伝わりませんが少し重めです。(リッチポイント その3)

 

f:id:shirasusalad:20170313212647j:plain

本体の内部はダンボールで補強されています。

強度が高いので、様々なものを入れられそうです。

 

型紙のダウンロード

今回は型紙を配布します。印刷して、以下の作り方を参考にして作ってみてください。(少しばかり難易度が高めです。)

 

用紙[A][B][C][D](A4サイズ2枚ずつ印刷)

用紙[E](A4サイズ1枚印刷)

 

作り方

それでは作り方です。(写真の色や明るさが不安定です。)

道具の使い方などはこちらの記事をご覧ください。

 

材料を用意する

必要な材料は以下の通りです。

・コピー用紙:A4サイズ/9枚

・厚紙(黒色):A4サイズ以上/8枚

ダンボール:適宜

・フロアマット:適宜

・スチレンボード(1mm)または厚紙(白色):適宜

・ホチキス

 

印刷する

f:id:shirasusalad:20170313220940j:plain

型紙をダウンロードして、A4サイズのコピー用紙に100%等倍で印刷をします。

印刷する枚数は、[A][B][C][D]は2枚ずつ、[E]は1枚です。合計9枚です。

また、[A]と[B]はふた部分[C]と[D]は本体部分になります。

f:id:shirasusalad:20170313221228j:plain

定規を使い、印刷した用紙の写真の部分測ります。きちんと100%で印刷されているか確かめます。100mmでしたら結構です。

 

厚紙に貼り付ける

f:id:shirasusalad:20170313221335j:plain

スプレーのりなどを使い、部品[A][B][C][D]の用紙を、一枚ずつ厚紙に貼り付けます。

厚紙は、ダイソー製の「黒色厚紙」(B4)サイズを使用しました。

 

線に沿って切り取る

f:id:shirasusalad:20170313221610j:plain

カッターを使い、山折り線をハーフカットします。(完全に切り取らずに筋を入れることです。)また、切り取り線に沿って切り取ります。

 

断面を塗装する

f:id:shirasusalad:20170313222001j:plain

マーカーなどを使い、切断面、ハーフカットした面を塗装します。塗装すると切断面が目立たず、見栄えが良くなります。また、マーカーは油性のものをお勧めします。適度に艶が出るので、綺麗に仕上がります。

 

型紙を剥がす

f:id:shirasusalad:20170313222302j:plain

部品[A]と[B](ふた部分)、部品[C]と[D](本体部分)の型紙を剥がします。ソルベントやのり落としを使用して、表面に付着したのりを落とします。この時、型紙を剥がしてしまうので[A]と[B]、[C]と[D]のセットが混ざらないように注意してください。付箋等を貼り、混ざらないようにしましょう。

 

ふた部分本体部分をそれぞれ箱状に組み立てる

f:id:shirasusalad:20170313222850j:plain

両面テープを使い、[A]と[B](ふた部分)、[C]と[D](本体部分)を写真のように両面テープを貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170313223622j:plain

台形部分の向きを揃えて貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170313223726j:plain

箱状になりました。(一つ前の写真と天地が逆になっています。)

 

ふた部分本体部分のそれぞれに底面を作る

f:id:shirasusalad:20170313224011j:plain

定規を使い底面の大きさを測ります。カッターを使い、測った大きさに合わせてダンボールを切り取ります。切り取ったダンボールを底面に貼り付けます。

 

本体部分を補強する

f:id:shirasusalad:20170314182529j:plain

定規を使い、本体部分の内側側面を測ります。カッターを使い測った大きさに合わせてダンボールを切り取ります。両面テープを使い切り取ったダンボールを側面に貼り付けます。本体部分はほぼ完成です。

 

ふた部分の天面をならす

f:id:shirasusalad:20170314182811j:plain

天面のフローリングマットを貼るために、ふた部分の天面に余った厚紙を貼り付け、下地を作ります。

 

天面を貼り付ける

f:id:shirasusalad:20170314182924j:plain

今回はダイソー製のフローリングマットを使用します。

f:id:shirasusalad:20170314182945j:plain

定規を使い、天面の大きさを測ります。カッターを使い測った大きさに合わせて切り取ります。材料が硬いので切り取る際は十分気をつけてください。一気に切ろうとせず、何度も刃を通して切り取りましょう。また、マーカー等を使い、断面を塗装すると綺麗に仕上がります。

f:id:shirasusalad:20170314183016j:plain

切り取ったフローリングマットの裏面の剥離紙を剥がし、天面に貼り付けます。

 

ホチキスを留める

f:id:shirasusalad:20170314183140j:plain

ホチキスを使いふた部分の写真の位置を留めます。(この作業は特に必要ではありませんが、今までのボックスのデザインと合わせてみました。)

 

装飾する

f:id:shirasusalad:20170314183252j:plain

カッターを使い用紙[E]の部品を大雑把に切り取ります。

f:id:shirasusalad:20170314183324j:plain

スプレーのりを使い、部品[E-1]は厚紙、部品[E-2]はダンボール、[E-3]は1mm厚のスチレンボード(または白い厚紙)に貼り付けます。また、カッターを使い線に沿って切り取ります。

f:id:shirasusalad:20170314183448j:plain

両面テープを使い、切り取った部品[E-1]を本体部分の底面(天面)へ写真のように貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170314183541j:plain

両面テープを使い、切り取った部品[E-2]をふた部分の内側の底面の角(四方)へ貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170314183639j:plain

f:id:shirasusalad:20170314183704j:plain

両面テープを使い切り取った部品[E-3]をふた部分に写真のように貼り付けます。

f:id:shirasusalad:20170314183736j:plain

完成です!

 

撮影環境

f:id:shirasusalad:20170313212644j:plain

記事内4枚目(ロゴマーク含めて)のブツ撮り環境について

光源:提灯照明2つ(左は奥、右は手前)、背景上のLEDライト

背景:IKEAの遮光ロールスクリーン(白色)

 

提灯照明やブツ撮りの環境につきましては、以前の記事をご覧ください。 

今回もご覧いただきありがとうございました。

すこしでもこの記事を気に入っていただけたら、下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ

部屋の模様替えをしました。2017年版

この記事のキーワード 模様替え/部屋/インテリア/DIY/紹介

f:id:shirasusalad:20170307213037j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

先日、部屋の模様替えをしたので紹介します。

 2016年版はこちら

全景

f:id:shirasusalad:20170307213102j:plain

f:id:shirasusalad:20170307213106j:plain

全体はこんな感じです。

 

西面

f:id:shirasusalad:20170307213154j:plain

PCスペース(左側)とものづくりスペース(右側)です。

生活スペースを一面だけに凝縮したイメージです。ツーバイフォー材で柱を立て、棚を制作しました。出入り口の上まで棚を伸ばしたのがお気に入りです。また、この面だけ壁の色を塗装しています。色は様々なペンキを調合して作った色です。写真だとわかりにくいですが、紺色に少しばかり緑が混じっています。

棚の一番上には廃番になったIKEAの収納箱が並んでいます。収納力は抜群です。あまり使わない道具や今まで作ったもの、材料や思い出のある捨てられないものたちが収納されています。

 

南面

f:id:shirasusalad:20170307213249j:plain

ダンボール箱収納棚(正面)です。IKEAの段ボール箱がぴったり入る棚です。36個の段ボール箱が収納できます。よく使う道具や家族のもの等様々なものが分類されて収納されています。

 

東面

f:id:shirasusalad:20170307214422j:plain

キャビネット群です。大きめのものや、楽器、ゲーム機などの箱などが収納されています。

 

北面

f:id:shirasusalad:20170307213300j:plain

電子ドラムスペース(右側)です。部屋で一番明るいところです。

 

PCスペース

f:id:shirasusalad:20170307213330j:plain

2010年モデルのiMacです。もうすぐで7年目になりますが、壊さずに大切に使っていきたいです。PCスペースの横は大きな時計があります。時間に厳しくなれました。

PCの横、本棚の両端にスピーカーがあるので、PCから離れていても気持ち良く音楽が聴けます。時計のしたのスイッチャーで各スピーカーをオンオフできるようになっています。

f:id:shirasusalad:20170307214519j:plain

上側は本棚になっています。最近、小説は電子書籍で購入しているので本棚を圧迫しないのでいいですね。

f:id:shirasusalad:20170307214540j:plain

ライトアップできます。あまり点けていません。

 

ものづくりスペース

f:id:shirasusalad:20170307213430j:plain

小さなタッパーを56個収納できる棚があります。下にはレーザープリンターがあります。レーザープリンターを購入して、作るものなどの幅がグンと広がりました。買ってよかった。レーザープリンターの右横はiMacの空き箱を使用した材料箱になっています。

 

ゲームコーナー

f:id:shirasusalad:20170307213504j:plain

レコードプレーヤーやゲーム機(モニターの後ろ)があります。現在はPS3(テレビ用)とWii USplatoon用)がありますが、今後はWii UNintendo Switchに変わる予定です。Splatoonが発売した際にNintendo Switchを購入しようと思います。Nintendo Switchは配線が単純そうでいいですね。

ゲームコーナーの下は衣服収納用のキャビネットになっています。

 

増えたもの、かわったもの

床とカーペット

f:id:shirasusalad:20170307213549j:plain

床にウッドカーペットを敷きました。部屋の雰囲気がガラリと変わり、気に入っています。

また、ペルシャ絨毯に強い憧れがあり、ペルシャ絨毯風のものを手に入れました。床の生活ができるようになり、居心地が良くなりました。床の色とマッチして部屋の雰囲気が大きく変わりました。

いつか本物のペルシャ絨毯が欲しいです。

 

キャビネット

f:id:shirasusalad:20170307213612j:plain

IKEAのイーヴァル(IVAR)シリーズのキャビネットを4つ並べました。少しばかりアレンジをして天板が一直線になるようにしました。(脚になる材料をうまい具合に切断しただけです)また、掃除がしやすいように、床から少しだけ浮かせています。キャビネットの上にある「VAMRSS」の文字は自作のマーキーライトです。

その時の記事はこちらです。

 

f:id:shirasusalad:20170307213631j:plain

キャビネットの上にいろいろなものを並べて飾ることができます。飾り方は検討中です。

f:id:shirasusalad:20170307213702j:plain

たくさん収納できます。

 

ペンギン

f:id:shirasusalad:20170307213715j:plain

ペンギンが好きなのでリニューアル記念にキングペンギンの置物を購入しました。

70679 キングペンギン ビニールモデル

70679 キングペンギン ビニールモデル

 

高さが30cmほどある大きな置物です。ビニールモデルなので柔らかいですし、落としても平気です。ちょっとしたアクセントにどうぞ。

ペンギンの後ろにある紅白のしましまは意味はありませんが、少しばかり見栄えが良くなるように作ったものです。画用紙を貼り合わせて作ったのだけなので大したものではないですが、画用紙の発色がいいので気に入っています。これもちょっとしたアクセントになるのでどうぞ。

f:id:shirasusalad:20170307213731j:plain

以上が部屋の紹介、新しく増えたもの、かわったものでした。

最後までご覧いただきありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

 

すこしでもこの記事を気に入っていただけたら、下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ

「壁飾り」を作りました。その5 旅の記録に「トラベルマップ」

この記事のキーワード 壁飾り/ポスター/地図/国土地理院/日本地図/旅/記録

f:id:shirasusalad:20170211153359j:plain

いつもご覧いただきありがとうございます。しらすサラダです。

今回は壁飾りシリーズ5つめとして今まで行った場所をピンを使用して記録する「トラベルマップ」を作りました。作りましたと言っても、市販の地図をピンが刺せる仕様にしただけです。

ちなみに、都合(測量法等)により実物の地図が一部でも写った写真は使用できません。よって精度のないイラストでの説明になります。

作ったものの紹介

f:id:shirasusalad:20170211164305j:plain

 大きさは縦935mm横535mmです。使用した地図は国土地理院が刊行している「500万分1日本とその周辺」です。500万分の1なので、本州がA4用紙に収まるくらいです。

この地図を選んだ理由としては、地図を張り合わせるための板(部屋にあった廃材)の大きさに合わせるのにちょうど良かったからです。様々な地図が販売されていますが、この地図は非常に細かく、印刷も綺麗です。非常に広範囲なので見栄えがいいです。

f:id:shirasusalad:20170211165003j:plain

写真はイラストを使用したサンプルなので、情報量がとても少ないです。このようにピンを使用して今まで行ったことがある場所を記録することができます。

どんどんピンが増えていくのが楽しみです。ピンの色を変えて家族で共有しながら使うのも楽しそうですね。

 

使用したピンはアップリケ用の待ち針です。洋裁用の待ち針では、太く、また長いので、500万分の1の地図には少しばかり大きいです。今回は少々値が張りますがアップリケ用の待ち針を使用しました。ちなみに以下のものを購入しました。

Clover アップリケ待針 細

Clover アップリケ待針 細

 
 メイキング

以下はメイキングです。全体的に写真が暗くなってしまいました。

f:id:shirasusalad:20170211165238j:plain

地図の土台はスチレンボード(密度の高い発泡スチロールを紙でサンドイッチして板状にしたもの)を使用します。スチレンボードを土台にすることで、ピンを刺すことが出来ます。

今回は大きいサイズのスチレンボードを用意できなかったので、接ぎ合わせて使用します。

f:id:shirasusalad:20170211165336j:plain

サイズに合わせて切断しました。

f:id:shirasusalad:20170211165350j:plain

マスキングテープで仮止めします。

f:id:shirasusalad:20170211165407j:plain

接ぎ合わせるため、模造紙を使用します。

f:id:shirasusalad:20170211165533j:plain

模造紙をスチレンボードに貼り合わせます。両面行います。

f:id:shirasusalad:20170211165633j:plain

いらない部分を切り落とし、一枚のスチレンボードになりました。なかなか綺麗にできました。

この上に地図を貼り合わせて、同じようにいらない部分を切り落とし完成です。

完成

f:id:shirasusalad:20170211153359j:plain

今回もご覧いただきありがとうございました。

すこしでもこの記事を気に入っていただけたら、下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ